15分を目指す早漏解消セマンズ法

挿入して15分間持てば早漏の称号を取り除くことができるでしょう。15分間を目指すための戦いが、早漏の男性にはあります。今は治療薬がありますので、発射を遅らせることが医薬品によって可能です。また医薬品にもいろんな種類があり、ベニスで一番刺激が強い場所である亀頭を麻痺させる薬もあります。好みによって使うと良いでしょう。

しかし治療薬は根本的に早漏の治療になるわけではありません。早急性に関してはメリットが大きいですが、改善したというのであればそれは違うことになるでしょう。本当の意味で早漏の改善を目指している男性であれば、トレーニングをして早漏から脱却しましょう。その答えがセマンズ法になります。

セマンズ法はペニスに刺激を与え、射精しそうになったときに刺激を止めて、射精しそうな感覚が収まるまで待ち、そしてまた刺激し続けるといったトレーニングになります。これはパートナーと一緒にすることで意味があります。女性の優しく柔らかい刺激を受けながら、それに耐えるという仕組みです。言い方を変えるなら寸止めと同じ方法になるでしょう。しかしこれには大きな意味があり、経験と慣れを体と脳に植え付けてくれます。

ペニスの刺激方法は様々な方法で良いです。手や口、また女性器に押し付けたり、挿入と言う手段で行うセマンズ法もあります。パートナーと一緒に楽しみながらできれば良いトレーニングになるでしょう。女性の刺激を受けながら射精のコントロールの仕方を覚えることがメリットです。しかし女性の協力がなければ実現できないトレーニングにもなります。また女性がフラストレーションがたまってしまうという方法でもあります。寛容な女性がいるからこそできる方法であり、15分を目指すためのトレーニングです。